スポンサードリンク

時代の変換期|勤勉で睡眠不足が日本人を精神疾患に向かわせる

国立精神・神経医療研究センター「勤勉さは既に見なおすべき時期」

睡眠不足がうつ病のリスクを上げているということが、国立精神神経医療研究センターの研究で明らかになった。

同センターによれば、睡眠不足時に不安や抑うつが発生しやすくなる神経基盤があるという。

「時代の変換期|勤勉で睡眠不足が日本人を精神疾患に向かわせる」の続きを読む ⇒

このページの先頭へ