ヱヴァQ12年のオープニング興収トップに「海猿」上回る

  

17日に公開された劇場版アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(224スクリーン)の公開2日間の興行収入が約11億3100万円となり、今年公開された映画のオープニング記録で首位となった。

「ヱヴァQ」の初週の興収は、前作「破」(約5億1300万円)と比べると220%だった。他の劇場版アニメのオープニング2日間の興収比較でも、09年公開の「ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD」(188スクリーン/最終興収48億円)の約10億3900万円、08年の「崖の上のポニョ」(481スクリーン、最終興収155億円)の約10億2500万円を上回った。最終興収が「破」の40億円を上回るのは確実で、どこまで記録を伸ばせるかに注目が集まる。

 

以下は実際に観てきたネットユーザーの声。

「全体的にはイマイチだった。 話の中身を毎回毎回薄くして、 演出だけに力を入れた、一般向けにシフトしてる 」

「何がどうなってああいう状況になったのかの説明が超絶足りない気がするんだが 劇場に入るのがちょっと遅かったからなにか見逃したのかと思った」

「個人的にはだいぶ楽しめたなぁQ。破の続きからは考えられない所から話がはじまって、 ちょっとした謎解きしてるような感じがあった。 あとこれまでの設定をドンドコバラしてくれたのも気持ちよかった。続きはもはや予測できない感じになってるけど次も劇場に観にいくだろうなぁ」

「すげー面白かったけど次ですべての風呂敷たたむのは無理だろ。何にしても次さっさと作って欲しい」

「見てきた。予想外のまさかの展開だった」

 

どうやら賛否両論あるようですね(^ω^)

みなさんはもうご覧になりましたか?

 

記事が面白かったらぜひ応援してくださいっ☆喜びます( ´∀`)ノ



にほんブログ村 動画紹介ブログへ

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ