三宅久之氏、11月15日82歳で死去

  

政治評論家の三宅久之氏が15日午前、都内の自宅で倒れ搬送されたが、搬送先の病院で亡くなった。82歳だった。

鋭い切り口で誰であろうと辛口で評論し、お茶の間で親しまれた三宅さん。10月7日のブログでは「体調はこの10月初めからステロイドを使うようになって、食欲も出、少し好転してきました。でも一方では、持病の糖尿の血糖値も大幅に上がるんです」と自ら近況を報告していた。

政治、政界のご意見番としてあらゆる人物から一目も二目もおかれ、その重鎮ぶりは誰もが認めるところ。10月14日には野田首相を批判していたばかだった。

 

また安倍晋三自民党総裁とも非常に仲がよく、「たかじんのそこまで言って委員会」では常に「安倍氏を次期首相に」と押し、共に食事をする姿も放映されたりしていた。

 

また「たかじんのそこまで言って委員会」のメイン司会者でもあるたかじんは、以前から「三宅先生が死ぬまではこの番組を続ける」と公言しており、人気番組だけにその影響も大いに懸念される。

 

番組内での田嶋陽子氏との仲が良いのだか悪いのだかのトークバトルがもう見れないというのは本当に寂しいし、ご意見番として政界に少なからず影響を及ぼし、例え首相経験者であろうと歯に衣着せない物言いがもう聞けないのも寂しいを通り越して不安すら感じるほど、その存在感は大きかった。

 

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

記事が面白かったらぜひ応援してくださいっ☆喜びます( ´∀`)ノ



にほんブログ村 動画紹介ブログへ

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ