スマートフォンの電話帳をGmailの連絡先にインストールしよう

  

今日はクラウドについてシェアします。

 

今までパソコンが急に動かなくなったり、 データが飛んでしまった経験は誰にでもあるかと思います。

また、今では多くの方がスマートフォンやタブレットをお持ちだと思いますが、 これらを一括して主要なファイルやフォルダ、例えば 仕事のデータなどをどこからでも見れるようにすれば、 非常に楽になります。

 

要するに、データが不慮の事故で無くなってしまうことを未然に防ぎつつ、 データのバックアップも自動で行いながら、 なおかつどこからでもデータを取り出して見れるように しちゃおうという、3重の手間をカットして快適にしようということです。

 

人によってはiPhoneを使っていると思いますが、 ここではAndoroidを例にとって説明していきます。

 

基本的なことはどちらでも同じです。

 

①Googleアカウントを取得する

これは既に多くの方が持っていると思いますが、 持っていないかたは直ぐに取得してください。 このIDを持っているだけで今後世界中のどこにいようが データが吹っ飛ぼうが、全く問題なくなります。

 

持っていないかたはGmailも開設していないということになりますので Gmailから取得しちゃいましょう。

 

Gmailを取得する

 

ここでお伝えしたいことはクラウドがいかに便利なものかになるので 取得方法と流れについては、googleでぜひ調べてください。 図解付きでいくらでも出てきます。

(「Gmail取得方法」の検索で出てきます)

 

取得できましたか?

 

既にここからクラウドの世界が待っています。 「Gmailの使い方」(←検索)についてもいくらでも出てきますので そちらに任せるとして、ここでやってほしいことは、

「スマートフォンの電話帳をGmailの連絡先にインストールしよう」

ということです。

 

では手順いきます!

 

【スマートフォン端末設定】

1:「設定」をタップ

2:「アカウントと同期」をタップ

3:「バックグラウンドデータ」「自動同期」にチェック

4:Gメールをタップし、「連絡先を同期」にチェック

※電話帳アプリから、メニューキー⇒「その他」⇒「アカウント」 の順に進んでも、同期画面になります。

 

 

これで同期が完了すれば、携帯電話の電話帳(連絡先)が 全てGmailの連絡先に同期されて入ります。

 

ということは、もう携帯電話を失くそうが壊そうが、 一生電話帳は無くならない、ということです。

 

更に、仮に電話機(スマートフォン)を買い替えしようが、 Googleアカウントにログインさえすれば、電話帳は その場で新しい電話機に入っている状態になります。

 

急に海外に住むことになったとしても・・・ 住む先の電話帳でGoogleアカウントにログインで 全てのデータが一瞬にして元と同じ状態になります。

 

なので、これからは電話帳をGmailの連絡先で管理しましょう。 スマートフォンであれば、Googleの連絡帳で連絡先を管理しましょう。

 

まずは最初にやったほうが良いGoogleアカウントについて お話しました。

 

次回も引き続きクラウド関連について 知っておくべき情報をどんどんアップしていきます。

 

記事が面白かったらぜひ応援してくださいっ☆喜びます( ´∀`)ノ



にほんブログ村 動画紹介ブログへ

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ