橋下氏かつてない疲弊 – 出る杭は打たれる日本のバカな姿勢

  

橋下徹氏、正念場

慰安婦問題で国内外から集中砲火を浴びている日本維新の会共同代表の橋下氏がかつてない窮地に立たされている。自らの進退まで示唆せざるを得ない状況に、事態は八方塞がり。

橋下徹

 

橋下氏、会見で幕引き狙うが…女性の8割が嫌悪感示す

日本維新の会の橋下徹共同代表は27日の日本外国特派員協会の記者会見で、慰安婦問題発言をめぐる騒動の幕引きを狙った。歯にきぬ着せぬ物言いが、良くも悪くも注目を集めてきた橋下氏だが、今回は経験したことのない集中砲火を国内外から浴びた。失地回復の手立ても見当たらず、夏の参院選へのダメージも不可避。結局、自らの進退まで示唆せざるを得なかった。

 『批判を恐れるな批判は自分が進んでいる証』

 橋下氏は24日、毛筆を握ると色紙に書き込んだ。福岡県内の高校から文化祭の展示用として依頼されたもの。書が苦手で揮毫(きごう)を頼まれても断り続けてきたが、この日は自らを鼓舞するかのように筆を動かした。

 逆風はすさまじかった。一連の発言後、抗議や批判の電話、ファクスが市役所や党本部に殺到。他党からの批判にさらされ、参院選に向けてタッグを組んだみんなの党からは決別を言い渡された。

 支持率も急落した。産経新聞とFNNの合同世論調査で、橋下氏の慰安婦発言を女性の79・3%が「不適切だ」と回答。とくに風俗業活用発言は女性の82・4%が嫌悪感を示した。女性の支持離れは明らかだ。

「市立桜宮高校(の入試中止)のときも疲弊していたが、比べものにならないほど滅入(めい)っている」。橋下氏周辺はこう語った。

 ただ橋下氏は「(会見では)質問がなくなるまで全部受ける」と強気の姿勢を崩さなかった。丁寧に説明すれば真意は伝わる、と踏んだようだ。維新の国会議員団もサポートチームを編成。橋下氏の見解の英訳文を準備し、米国留学の経験がある桜内文城衆院議員を会見に同席させた。

 会見で橋下氏は風俗業活用発言を謝罪、撤回。慰安婦発言も「発言の一部が文脈から切り離された」と釈明し、「日本の過ちを正当化するつもりはない」など慎重な表現に終始した。

 ただ、真意が海外にも伝わったかは不透明だ。「約2時間半も質問に答えたことは尊敬できるが、強制連行の有無などは十分に説明していない」。特派員からはそんな感想が漏れた。

 

 

日本代表(官房長官)は完全に逃げるしね。守る気ゼロ。渡辺さんも大したことなかったね。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=JA4y3ig5abg&feature=endscreen
(埋め込みコードが無いのでURLにて)

 

世論の言いたいことは分かるし、立場を考えた発言ではなかったかもしれない。

だけど、日本を真剣に変えたいってこれまで動いてきた橋下さんを蹴落とすような報道をし続けるいつものアホマスコミはいかがなものだろうかと思う。

じゃあ自分がやってみなよと。

誤りは誤りで正して、けれどもこんな時だからこそ、全力で橋下さんを守ることこそが、日本の姿勢を示して日本を守ることに繋がるのではないだろうか。

 

こんなことじゃ、日本の未来も暗いですね。

 

 

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ