【話題騒然】13歳の息子に送られたiPhone秘密契約書がヤバい

  

日本中の13歳を敵に回したiPhoneの契約書が話題に そして父からの秘密契約書がさらに素晴らしい

なんだか得も言われぬ感動というか、なんとも言えない青春の鼓動がうごめく感覚を覚えたのでシェア。

お母さんの手紙は13歳全てを敵に回したかもしれないけど、お父さんの手紙は全世界の13歳男の子を味方につける、超グレートな手紙。

親は考えさせられるんじゃないかな。

そのまま引用しますので、じっくりとどうぞ。

 

 

引用ここから

 

13歳の息子へ、新しいiPhoneと使用契約書です。愛を込めて。母より

クリスマスの日に米国マサチューセッツ州のあるブロガーお母さん(Janel Burley Hofmanさん)が13歳の息子にiPhoneをクリスマスプレゼントとしてあげました。しかしそのiPhoneの箱には彼女が作った使用契約書も入っていました。その内容があまりにも素晴らしかったので和訳しました。

現代の様々なIT問題(プライバシー、ネット中毒、ポルノ、いじめ、対人関係等)が私たちの子供達を襲うなか、どうすれば子供にITの健康的な使い方を学ばせることが出来るかを真剣に考えた末、ブロガーお母さんが以下のような使用契約書を13歳の息子グレゴリーさんに渡すことを決めました。

私の子供はまだ2歳、彼が13歳になったときには世の中がまた激変しているでしょう。そんなときは、このお母さんのようにただ規則を守るための規則作るのではなく、人生について考えさせる規則を作って行きたいと思います。

 

1.これは私の携帯です。私が払いました。あなたに貸しているものです。私ってやさしいでしょ?

2.パスワードはかならず私に報告すること。

3. これは「電話」です、鳴ったら必ず出ること。礼儀良く「こんにちは」と言いなさい。発信者が「ママ」か「パパ」だったら必ず出ること。絶対に。

4. 学校がある日は7:30pmに携帯を私に返却します。週末は9:00pmに返却します。携帯は次の朝の7:30amまで電源オフになります。友達の親が直接出る固定電話に電話出来ないような相手ならその人には電話もSMSもしないこと。自分の直感を信じて、他の家族も尊重しなさい。

5. iPhoneはあなたと一緒に学校には行けません。SMSをする子とは直接お話しなさい。人生のスキルです。注:半日登校、修学旅行や学校外活動は各自検討します。

6.万が一トイレや床に落としたり、無くしたり、破損させた場合はの修理費用は自己負担です。家の芝生を刈ったり、ベビーシッターをしたり、お年玉でカバーしてください。こういうことは起こります、準備していてください。

7.このテクノロジーを使って嘘をついたり、人を馬鹿にしたりしないこと。人を傷つけるような会話に参加しないこと。人のためになることを第一に考え、喧嘩に参加しないこと。

8.人に面と向かって言えないようなことをこの携帯を使ってSMSやメールでしないこと。

9.友達の親の前で言えないようなことをSMSやメールでしないこと。自己規制してください。

10. ポルノ禁止。私とシェアできるような情報をウェブで検索してください。質問などがあれば誰かに聞きなさい。なるべく私かお父さんに聞いてね。

11. 公共の場では消すなり、サイレントモードにすること。特にレストラン、映画館や他の人間と話す時はそうしてください。あなたは失礼なことをしない子です、iPhoneがそれを変えてはいけません。

12.他の人にあなたの大事な所の写真を送ったり、貰ったりしては行けません。笑わないで。あなたの高知能でもそういうことがしたくなる時期がやってきます。とてもリスキーなことだし、あなたの青春時代・大学時代・社会人時代を壊してしまう可能性だってあるのよ。よくない考えです。インターネットはあなたより巨大で強いのよ。これほどの規模のものを消すのは難しいし、風評を消すのも尚更難しい。

13.写真やビデオを膨大に撮らないこと。すべてを収録する必要はありません。人生経験を肌身で体験してください。すべてはあなたの記憶に収録されます。

14.ときどき家に携帯を置いて出かけてください。そしてその選択に自信を持ってください。携帯は生きものじゃないし、あなたの一部でもありません。携帯なしで生活することを覚えてください。流行に流されない、FOMO(自分だけが取り残されるていると思ってしまう不安感)を気にしない器の男になってください。

15.新しい音楽、クラシック音楽、あるいは全員が聞いている音楽とは違う音楽をダウンロードしてください。あなたの世代は史上もっとも音楽にアクセスできる世代なのよ。この特別な時代を活用してください。あなたの視野を広げてください。

16.ときどきワードゲームやパズルや知能ゲームで遊んでください。

17.上を向いて歩いてください。あなたの周りの世界を良く見てください。窓から外を除いてください。鳥の鳴き声を聞いてください。知らない人と会話をもってみてください。グーグル検索なしで考えてみてください

18.あなたは失敗する。そのときはこの携帯をあなたから奪います。その失敗について私と話し合います。また一からスタートします。あなたと私はいつも何かを学んでいる。私はあなたのチームメイトです。一緒に答えを出して行きましょう。

 

この条件を合意してくれることを願っているよ。ここにリストしてあるほとんどの条件は人生をうまく生きるための条件にも当てはまるものだから。あなたは常に激変していく世の中で成長しています。とてもエキサイティングで気を引く体験だと思う。できるだけシンプルに物事を考えて行ってください。どんな機械やガジェットよりも自分のパワフルな考え方と大きな心を信じてください。あなたが大好きなのよ。あなたの素晴らしいiPhoneを楽しんでね。

母より。

 引用一先ずここまで

 

で、これが日本で大反響、これに対して、チリに住むAkira Uchiyamaさんが「私がもし父親だったらこんな秘密の契約書を息子に渡します」と書いた手紙がさらに大反響を読んでいます。

 

引用ここから

 

先週ジャンネルさんの13歳の息子に渡した秘密契約書訳してから日本で大反響があったようです。(私はいまチリに住んでいます)新聞やテレビにも出て、たくさんの親がこの契約書を参考に子供達へ渡してるのかと考えると、日本中の13歳を敵に回した気がする。

いろんなコメントを見ても賛成する人、反対する人と意見が分かれていて今後のIT世代の教育に関してもっとみんなで考えなきゃいけない課題なのだなと痛感しました。翻訳するときも誤訳がないようもっと丁寧翻訳するよう努力したいと思います(本当の意味と伝えたい気持のバランスを気をつけます)。

しかし、ひとつ気になったことがあります。このお話はジャネルさんと息子のグレゴリーの二人だけのお話になっているということ。実はジャネルさんは5人の息子がいて、その長男がグレゴリー、そしてかっこいいヒゲをした男爵さんもいるということ。二人だけの世界ではなく7人家族のひとつの出来事だったのだと思います。

もし私の妻があのような使用契約書を息子に渡してたら、父の目線になって私は以下のようなメモを息子に渡していると思います。
敵に回してしまった日本の中学生のみなさんとその父親にこのメモを捧げます。

息子へ、

クリスマスにママからiPhoneと手作りの使用契約書をもらったね!
ママは使用契約書をブログにも載せて一躍有名にもなってしまった。
もう数週間この契約書を守ってきた君は偉いよ。友達にも冷やかされたりしなかった?
でもね、そんなに真面目にすべての項目を守らなくてもいいんだよ。あくまでもガイドラインとして考えて欲しい。

その使用契約書についてだけど俺からのアドバイスをこの紙にメモったので君に送るよ。

  1. 携帯はママが買ったし、彼女が毎月の支払いをしている。その間は彼女のいいなりだけど、その間にお金を貯めて彼女から「中古値段」でこのiPhoneを彼女から買えば規則は半分以下に減らされるよ。(減らすようロビー活動しとくよ)
  2.  iPhoneのパスワードは彼女に教えなきゃいけないけど、gmailやfacebookのパスワードは秘密のままでいいよ。そこで女友達のやり取りをしてね。でもFacebook Messengerを使えばメッセージが見られるからiPhoneを買い戻すまで使わない方がいい。
  3.  夜にどうしても彼女か友達に連絡したい場合、俺のiPod Touchを貸してあげる。俺がメッセージ見られないよう使った後は消してね。FacebookのPokeアプリを使えば、送ったメッセージは20秒以下で消える。彼女からエロ写真を送られてもスクリーンキャプチャしないでね。見て脳でしっかりスキャンするんだ。
  4.  万が一携帯を破損したり、無くしてしまったら、その半分の費用は俺が出してあげる、でも月々に30ドルずつ返してね。
  5.  Google Chromeアプリのシークレットモードタブで開けてネットを見ることをおすすめする。何のためか説明しなくても分かるでしょう。ママは君が男になっていることに少し戸惑いを感じるときでもあるから、この部分は知らん顔でいいよ。
  6.  彼女とデートに行く時なるべくiPhoneを持って行かないほうがいい。彼女にもそう言ってあげて。会話がもっと弾むし、彼女も君に集中するよ。「肝心」なときに俺らからの電話にでなくてもいいし。
  7. だいたいの使用契約書の項目は俺も賛成だ。特に弟たちに見本を見せなきゃいけない君の立場を考えてのルールなのだと思う。この危ないネットの世界で弟たちを指導するのが君の役目でもあるからね。

ママからのこの使用契約書は実は契約書ではなく君への挑戦状だと思って欲しい。

13歳っていうのは子供と大人の中間点だと思うんだ。なのでママは君を評価して、大人でも管理が難しいiPhoneを君に差し上げた。自立するまでは我が家のルール、社会人になってからは社会のこのような厳しいルールや時には賛成できないルールに直面するよ。それをどうやって生き抜いて自分の目的を果たすかが君のチャレンジだ。陰ながら応援してるよ。

この文章を読み終わったら、このメモを燃やして捨ててね。

父より

 

英語原文 http://www.janellburleyhofmann.com/gregorys-iphone-contract/

 

 

IS<インフィニット・ストラトス>8巻DVD付特装版(オーバーラップ文庫)
IS8巻DVD付特装版(オーバーラップ文庫)
特装版 THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)
特装版 THE IDOLM@STER 1 (REXコミックス)
初音ミク -Project DIVA- F 初回限定特典 オリジナルラバーストラップ 付き
初音ミク -Project DIVA- F 初回限定特典 オリジナルラバーストラップ 付き

 

当ブログは「賢威」にお世話になっています

 にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ