イタリアの猫が毎日欠かさずご主人様のお墓参りにお供え物を

  

【伊】毎日小枝やコップなどのお供え物を飼い主のお墓に詣でる猫が話題に

イタリアのモンターニャという街の「トルド」というねこちゃんが、亡くなったご主人様のお墓に毎日お供え物を届けていることが報じられているようです。

 

そんな忠犬ハチ公も顔負けのトルドちゃんはこちら。


[クリックで拡大します]

 

なんでも、トルドは生まれてから3ヶ月目に飼われ、亡くなった男性に特になついており、お葬式の時に付き添ってから以降、毎日お墓参りをしているそうです。

以下引用

ネコが飼い主の墓参り=ほぼ連日、お供え物も-イタリア イタリア北東部の小さな町モンタニャーナで、一昨年死去した飼い主の墓を毎日のように詣で、供え物までするネコが話題になっている。地元メディアなどが5日までに報じた。 このネコは、灰色と白色の毛並みの3歳の雄、トルド。2011年9月に飼い主の男性=当時(71)=が死亡した後、1年以上もの間「ほぼ毎日欠かさず、墓に小枝や木の葉、プラスチック製のコップなどを置いていく」と妻は語る。 生後3カ月で飼われ始め、特に男性になついていたトルド。葬儀で家から墓地まで付き添って以降、墓参りをするようになった。妻は「夫はトルドを非常にかわいがっていた。まるでトルドが恩返しをしているようだ」と話している。(時事)。(2013/01/06-07:54)

 

 

そんな美談とは裏腹に、ねこちゃんをこんなことに使う心ないニュースも。。。

 

 体に道具を巻き付けられ、脱獄用に使われそうになった猫を保護―ブラジル

ブラジルの刑務所で、脱獄に使う道具を持ち込もうとしたネコが保護されました。

 ネコの体には携帯電話と充電器、電池3つのほかイヤホンやメモリーカード、ドリルの刃がテープでくくりつけられていました。一瞬の隙にこのネコに持ち込ませようと企んだものの、ネコもこれだけの重さで走ることができず、フラフラの状態だったため、あえなく見つかったということです。

引用元:テレ朝ニュース(動画あり)

 

なんか日本では、遠隔操作ウィルスを猫の首輪に付けて警察に送り込んだ?的なニュースもありましたし、ほんと、どこのオバカさんがルパン見てんだって話ですね。あ、ルパンはそんな事しないか。

 

BRUMM 1/43 アルファ・ロメオ 1750 ルパン三世 「WANTED」 ドライビング ルパン アクション フィギュア付き
ルパン三世 「WANTED」 ドライビング ルパン アクション フィギュア付き
ルパン三世 Master File [DVD]
ルパン三世 Master File [DVD]
ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~ 豪華版 [Blu-ray]
ルパン三世 東方見聞録~アナザーページ~ 豪華版

 

当ブログは「賢威」にお世話になっています

 にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ