ブログ更新なし/ステマペニオクの芸能人たちの厳しい現実まとめ

  

ブログ更新が軒並みストップ ペニオク詐称に関係していた芸能人たちはどうしてるの?

ペニーオークションの内容をブログで更新させて、ステルスマーケティングだと批判された芸能人の方々のブログ更新が止まっているようです。

 

どうやらどのように再開したら良いのかキッカケが掴めていないようですが、どのような状態になっているのでしょうか。

 

●ほしのあき
http://ameblo.jp/hoshino–aki/

12月13日以降更新が止まっています。以前は1回/日の更新頻度でした。

 

 

 

●永井大
http://ameblo.jp/nagai-masaru/

こちらも12月14日の謝罪文で更新はストップ。

 

 

 

●ピース・綾部祐二
http://ayabe.laff.jp/

同じく12月12日で更新停止。

 

 

 

●小森純
http://ameblo.jp/komori-jun/

こちらは12月22日に事務所からの謝罪文章が掲載されている。

「2011年1月7日小森純のブログにて、「ギャルオークションでアロマ加湿器を225円で落札」という内容の記事を掲載しましたが、実際にはオークションに参加した事実はありませんでした。

掲載に至った経緯ですが、2010年12月頃、日頃よりお付き合いのあるスタイリストの方から弊社にお願いがあり、弊社の軽率な判断によって、依頼主からきた文章をそのまま事務所側で掲載する形をとってしまいました。」

 

さらに、彼女の場合はツイッターでも誹謗中傷を受けているようで、
「死ねよ詐欺オークションの誘導ババア」というツイートに「本当に死んだらどうなるのですか?死ぬ事が償いなのでしょうか?」と返信。

「詐欺師の片棒担いで。自分の言葉で猛省しやがれ!」などというツイートにも「その言葉忘れずに頑張ります!」と返したのが最後。

 

ファンかそうでないかは分からないが、、、一旦信用を裏切るとどれだけの反動が帰ってくるのかが如実に現れてしまう芸能界。なんだか切ないような悲しいような。。

 

●熊田曜子
http://ameblo.jp/kuma45blo/

12月11日が最後の書き込みだが、今回のペニオクには全く関連のない記事をアップした後に、更新は停止されている。

 

 

 

芸能人の方々はいわゆる広告塔であり、その分責任も重くなってくるのだが、ある部分、その広告塔としての立場を利用されたという側面もなきにしもあらず。

 

今回のブログの件は、コメントにも相応の書き込みがされているが、それにも答えずにブログを進めるわけにもいかないのも分かる。

 

だけど、コメントの内容のほとんどが温かい応援のコメントにも関わらず、それにも返していないのはいかがなものだろうかと個人的には思ってしまう。

 

こういう時こそ、応援してくれているファンに対して、ひとつひとつ真摯に向き合い、それも、素早く対応していく姿勢こそが再生のキッカケに必ずなると思うが、事務所はそういう指導をしないのでしょうか。

 

各タレントさんも、事務所がなんと言おうと、自分の言葉でちゃんとファンに向き合って欲しいなって思います。

 

人の心を操作するブラックマーケティング
人の心を操作するブラックマーケティング
これでわかる! 裏マーケティングのすべて (晋遊舎ムック)
これでわかる! 裏マーケティングのすべて

 

記事が面白かったらぜひ応援してくださいっ☆喜びます( ´∀`)ノ


にほんブログ村 動画紹介ブログへ

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ