無料アプリLINE(ライン)、カカオトーク、comm使い方注意点

  

LINE使い方によっては個人情報がバレちゃう?気をつけたい使い方注意点

スマートフォンの利用者数は軒並み上がっていますが、特にスマホ人気アプリの中でも群を抜いているLINE(ライン)。

 

コミュニケーションを極限に簡単にした使い勝手と多彩な表現が人気の秘密ですが、以前このブログ記事スマホアプリ『LINE』登録時と使い方の注意!でも伝えしたように、どういったものかを把握しておかないと、思わぬトラブルになる可能性があります。

 

■LINE(ライン)について

 

スマホの部分については先の記事で取り上げていますので割愛しますが、ここで取り上げるのは、スマホではなくPCにLINEを入れている方にとって気をつけたい部分です。

 

パソコン版でLINEをインストールすると、電話帳の名前ではなく、登録時の氏名が表示されます。

 

恐らく大半の方が普通に氏名を入力すると思うのですが、この氏名が表示されるため、仮に知らない人やあまり知られたくないという方にとっては、気づかずに相手に氏名が知られてしまった、ということになります。

 

パソコン版にラインを入れる方はその点を分かった上で使用されることをおすすめします。

 

■commについて

 

最近facebookのように実名を登録するcommが人気急上昇ですが、このcomm、検索した側がすぐに連絡できてしまいます。

 

要するに、適当な名前で入力して顔写真を入れておくと(逆もしかり)、名前と顔が一致せずにトラブルに成る可能性があるということです。

 

もし既にcommを利用していて繋がりたくない相手がいた場合は、プライバシー設定で検索やトーク、通話をOFFにしておいて電話帳データをアップ後に一人ひとり削除する以外に方法がありません。

 

■カカオトークについて

 

LINE、commについては登録時に電話帳内容をアップするかどうかを選択できますが、韓国で特に人気のカカオトークは登録した時点でカカオトーク側サーバーに電話帳がアップされてしまいます。

 

ということは、電話帳に入っている人は必然的にカカオトークをインストールすることで、繋がってしまうので、これが嫌な人は登録する前に繋がりたくない人の電話帳を削除しておく必要があります。

 

便利なSNSツールですが、使い方をキチンとしっておかないと思わぬところで自分の情報がつたわっていますので、この点を注意して使うのが良いですね。

 

 

 

 にほんブログ村 動画紹介ブログへ

 

 

お嬢様酵素
  • このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

関連記事

タグ

コメントをどうぞ



このページの先頭へ